その15・・・大繁盛!?

[その15 ・・・ 大繁盛!?]

 遂に迎えたオープンの日、僕はすっかり夜型になっている体を元に戻さねばと頑張って午前9時頃起きました。お店は夕方4時からですから別に今までどおり昼に起きても大丈夫だったのですが、一応準備があります。大方は前日に済ませていましたが、やはりチェックしたり、足りないものを用意する事もあるだろうと。

午前中には全てのチェックを済ませ、リビングでテレビを見るくらいの余裕がありました。その時みのさんがやってたかな。良く覚えていません。

何度もチェックしては休み、しかし、まだ足りないものがあるのでは、とあまりテレビに集中できませんでした。

長ソファに横になっては立ち上がり、そわそわと時間を気にして、後で良く考えると昼食をとるのも忘れていました。

*

 その最初の日、カフェ「you」でオープンしたG-Flexには思いもかけず沢山のお客さんが、オープンと同時に来てくれたのです。

4時前には店の外でうろうろして待っている人がちらほら居ました。中には知らない人もいます。これにはかなり驚きました。それと同時に若干戸惑ってしまいました。ウソみたい。

僕はまだ宣伝とかはしていなくって、でも知り合いの何人かの方々から「最初の日に行きます」とメールを頂いたりしていたので、もしや、とは思っていました。これは正に嬉しい悲鳴です。

・・・しかしその時、困った事にスタッフがいなかったのです。

正確には、居たのですが、何処かに行ってしまっているのです。

僕はこの日の為に3人のレギュラーを揃え ていたのでした。しかし、さっきまでいたDerwinはちょっと、と言って出たきり戻って来ません。Pricilaもトイレかなと思っていて、何処かにいなくなっています。そう 言えばまだJoeがまだ来ていない。

僕は大変慌てました。なんと10人以上の人が待っていたのです。

「皆さん、すみません!すぐにスタッフが来るので、ちょっと待ってください!」

トイレや店の外を駈けずりまわりました。しかし見つかりません。そうか、携帯に電話をしよう!

・・・繋がらない。ちくしょう、これだから外国人は信頼できない。。。

来てくれたお客さんは皆ざわつき出しました。お客さんの中には全く僕が知らない人もいるのです。後で言い訳もできない。

いきなり初日から困った事になりました。(ううう、初日からこんなことになるとは・・・)僕は頭を抱えました。今まで何の為にやってきたんだろう・・・。

*

「おんちゃん!」

母親の声と、背中を叩かれて僕は目を覚ましました。

「もうそろそろ時間じゃないの?」

「あ?」

気がつくとリビングで、テレビが付けっ放しです。どうやらいつの間にかソファーで横になって眠っていた様なのです。時計を見ると2時でした。

「ゲッ、ヤバっ!」僕は急いで出かける用意をしました。もう出なきゃ。今日は初日なので早めに行かなければなりません。

半分寝ぼけで早足で思いました。

・・・我ながら、なんと楽天的な夢を見たことか、笑ってしまいます。夢と言うのはその人の本性と言うか本心を語るといいますが、初日にお客さんが予想以上沢山来たけどスタッフが見つからずに困る夢。

・・・あり得ない。

友達が僕にはラテンの血が流れているのでは、と評した事が思い出されます。もしかするとそうかも知れない。

寝ぼけ眼の僕は、今一度持ち物を確かめて、慌てて家を飛び出しました。

 

(了)

      最後までお読み頂きありがとうございました。 G-FLEX 代表 矢田

6周年記念船上パーティー

By

マンツーマンお試しレッスンお申込みフォーム

こちらは月謝9800円マンツーマンのお試しレッスン申込フォームです。定員30名になりましたら締め切りになりますので、お申込みのご要望に沿えない場合があります事ご了承下さい。なお、お試しレッスンには1000円掛かります。